お葬式のイロハを知っておくことは縁起が悪いことではない
突然やってくる永遠の別れに備えて知っておきたいお葬式のこと

お葬式のイロハを知っておくことは縁起が悪いことではない

まだ生きているうちにお葬式の話をするなんて縁起でもないと怒る人がいますが、近年では終活という言葉も生まれ、元気なうちからお葬式の方向性などを決めておく方が増えています。確かに、突然身内が亡くなったときは誰でも冷静に過ごせるわけではありません。深い悲しみに暮れている間にもやらなければいけないことが山積みです。気持ちが動転したまま時間だけが過ぎてしまうことも珍しくありません。

だからこそ、いざというときのために心構えをしておくことが大事だと言われるようになりました。例えば、お葬式にはどんな形があるのかご存知でしょうか。日本では仏式が一般的と言われてきましたが、昔に比べると宗教離れが加速しているため、宗教に強いこだわりを持っていないと答える人が増えてきました。とにかくお金をかけなくてもいいという考え方や、身内だけでひっそり済ませてほしいという考え方の人もいます。故人の気持ちを尊重することや、もちろん費用のこともありますから、どんな形が適切なのか事前に知っておくことは大切です。また、お葬式はどんな流れで執り行われるのか、できる範囲で知識を持っておくことで、その時になって慌てることがなくなります。これまでお葬式に参列した経験があるのなら、なんとなく流れは分かるという方も多いかもしれませんが、この機会に再確認しておくといいでしょう。

さらにお葬式そのものだけでなく、お葬式が終わった後のことも知っておく必要があります。お通夜が終わって、お葬式が終わって、火葬が終わればすべて終わりというわけではありません。初七日や四十九日など、法事のことは広く知られていますが、それ以外にもやるべきことはあります。例えばお葬式に参列してくださった方へお礼をすることが必要ですし、役所や保険、銀行口座なども手続きが必要になります。家族と離れて暮らしている場合はもちろんのこと、一緒に暮らしている家族でも、万が一に備えてどこに何をしまっているのか、どんな保険に入っていて、どこの銀行口座を持っているのかなどを報告しあう場を設けてみましょう。大切な家族が亡くなったあとの話なので、話している途中で少し寂しい気持ちになるかもしれませんが、改めて家族の大切さ、家族の存在がどれほど心の支えになっているのか再確認できる大切な時間になります。

お葬式のイロハを知ることは、家族の絆を今以上に強くしてくれる可能性があります。お正月やお盆などでみんなが集まった時にぜひ話し合ってみましょう。

お知らせ

【2018年08月09日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る